私たちにはわかってる。アニメーションが世界で最も重要だって

土居伸彰著

この本の情報

書名 私たちにはわかってる。アニメーションが世界で最も重要だって
著作者等 土居 伸彰
書名ヨミ ワタクシタチ ニワ ワカッテル。アニメーション ガ セカイ デ モットモ ジュウヨウ ダッテ
書名別名 私たちにはわかってるアニメーションが世界で最も重要だって
出版元 青土社
刊行年月 2021.11
ページ数 349p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7917-7429-6
NCID BC11010660
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
YOU ARE EVERYTHING 土居 伸彰
「つくりもの」の可能性を信じる、人工性 土居 伸彰
「デビルマン」たちが立ち上がる 土居 伸彰
「特別でない」ことこそが 土居 伸彰
「絵による映画」がアニメーション映画を更新する 土居 伸彰
「野生の」アニメーション 土居 伸彰
『エクスターナル・ワールド』が示す、無限への道 土居 伸彰
『エヴァンゲリオン』、人生を並走するアニメーションとして 土居 伸彰
『緑子/MIDORI-KO』、これが私たちの正体だ! 土居 伸彰
この「つくりもの」の世界 土居 伸彰
この夢のような世界 土居 伸彰
すべてを充足させる『オーバー・ザ・ガーデンウォール』の「最も愛らしい嘘」 土居 伸彰
そこにはもう戻れない 土居 伸彰
ただすべてを受け止めるべき風として 土居 伸彰
ただ優しくただ尊く存在させるだけのアニメーション 土居 伸彰
なんでもない生に<だからこそ>意味を与えるアニメーション 土居 伸彰
またいつか世界を信じることができるようになる日のために 土居 伸彰
アニメーションが手にした新たな「跳躍」 土居 伸彰
アニメーションとドキュメンタリーが交わるとき 土居 伸彰
アニメーションアクション映画の新次元 土居 伸彰
ウェスケ島と周囲の群島たち、もしくはアニメーションの新たな王道 土居 伸彰
ギンツ・ジルバロディスと、遥か彼方へと向かう冒険 土居 伸彰
パターンと対称性 土居 伸彰
パターンのなかで 土居 伸彰
ブルース・ビックフォード、寄せては返す宇宙の波間にて 土居 伸彰
ブルース・ビックフォードの「アニメーション」はすべてを愛する 土居 伸彰
ライアン・ラーキンという「現在」 土居 伸彰
一二世紀から二一世紀へ 土居 伸彰
世界は今ここにある 土居 伸彰
動物たちが佇んでいる 土居 伸彰
夢見ること、それだけを教える 土居 伸彰
孤独のかたちを掘り起こす隙間 土居 伸彰
定点観測 土居 伸彰
揺らめき、震える世界 土居 伸彰
揺れ動く魂のグラデーション 土居 伸彰
日常に勇気づけられるために 土居 伸彰
曖昧なアニメーションに共鳴する私たちのざわめき 土居 伸彰
淡さのあとに人間として生まれ直すアニメーション 土居 伸彰
現象としての人間を描く 土居 伸彰
私たちの右手の行方 土居 伸彰
私たちの戦場、私たちの楽園 土居 伸彰
私たちの現実はアニメーションに近い 土居 伸彰
私たちの生きつづける場所は、ここにも、どこにでも、ありうる 土居 伸彰
見えないものを探り、宿らせる 土居 伸彰
騒がしさのなかに安らぎが、静けさのなかにざわめきがある 土居 伸彰
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想