教育論の新常識 : 格差・学力・政策・未来

松岡亮二編著

この本の情報

書名 教育論の新常識 : 格差・学力・政策・未来
著作者等 松岡 亮二
書名ヨミ キョウイクロン ノ シンジョウシキ : カクサ ガクリョク セイサク ミライ
書名別名 教育論の新常識 : 格差学力政策未来
シリーズ名 中公新書ラクレ
出版元 中央公論新社
刊行年月 2021.9
ページ数 366p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-150740-2
NCID BC09720186
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
GIGAスクールに子どもたちの未来は託せるか 児美川孝一郎
ICT導入で格差拡大日本の学校がアメリカ化する日 多喜弘
「グローバル化で英語ニーズ増加」の虚実 寺沢拓敬
「広く浅い」学びから脱却せよ 苅谷剛彦
「性別」があふれる学校は変われるのか 寺町晋哉
「論理国語」という問題 : 今何が問われているのか 伊藤氏貴
ぺらぺら信仰がしゃべれない日本人を作る 阿部公彦
データと研究に基づかない思いつきの教育政策議論 末冨芳
データと研究に基づかない政策では「教育格差」が変わることはない 中室牧子, 松岡 亮二
世界が注目子どもの成長を「見える化」する調査 中室牧子, 伊藤寛武, 大根田頼尚
全国学テは問題点だらけ : 目先ではなく一〇年先を 川口俊明
地方と国、教育行政の挑戦 : コロナ禍における調査 八田聡史, 大根田頼尚, 渡邉浩人
多民族化・多文化化する社会に公教育はどう対応するか 高橋史子
大学入試改革は「失敗」から何を学ぶべきか 中村高康
大学無償化法の何が問題か 小林雅之
推計作業を通して見えた不毛 相澤真一
改革のための改革を止めることこそ改革 佐久間亜紀
教員という「聖職」に潜むリスク 内田良
日本社会が直視してこなかった「教育格差」 松岡 亮二
経済や福祉のみならず、なぜ教育の役割が欠かせないのか 卯月由佳
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想