ヨーロッパ複合国家論の可能性 : 歴史学と思想史の対話

岩井淳, 竹澤祐丈編著

この本の情報

書名 ヨーロッパ複合国家論の可能性 : 歴史学と思想史の対話
著作者等 中島 渉
佐藤 一進
勝田 俊輔
大津留 厚
安武 真隆
岩井 淳
望月 秀人
木村 俊道
桑島 秀樹
森 直人
武井 敬亮
竹澤 祐丈
衣笠 太朗
鎌田 厚志
齋藤 英里
貫 龍太
書名ヨミ ヨーロッパ フクゴウ コッカロン ノ カノウセイ : レキシガク ト シソウシ ノ タイワ
シリーズ名 Minerva西洋史ライブラリー
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2021.5
ページ数 xxi, 323, 5p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-09060-0
NCID BC06962236
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
アイルランド「王国」 : 複合性と従属性 勝田俊輔
ジョナサン・スウィフトの国家意識 中島渉
バーク研究からの複合国家論 貫龍太
ヒューム研究からの複合国家論 鎌田厚志
フランス政治思想史における複合国家論と主権論 安武真隆
ブリテン思想史研究における複合国家論の可能性 竹澤 祐丈
一七世紀思想史からの複合国家論 : ジョン・ロックの寛容思想と名誉革命 武井敬亮
一八世紀アイルランドの社会変革論 : スウィフト以後、バークリ『問いただす人』とバーク『改革者』を中心に 桑島秀樹
日本人のアイルランド認識と複合国家論 齋藤英里
歴史学と思想史学における複合国家論の可能性 岩井 淳
現代文明論からの複合国家論 : 政治思想としての歴史叙述 佐藤一進
複合国家と思想史研究 : 一八世紀の政治・経済思想を題材として 森直人
複合国家の近代 : オーストリアの人権に関する基本法第一九条「民族は平等である」を読み解く 大津留厚
複合国家の近現代 : シュレージエン/シロンスク/スレスコの歴史的経験から 衣笠太朗
複合国家ブリテンにおける征服と植民 : ジョン・デイヴィス小論 木村俊道
複合国家ブリテンの紐帯と地域連鎖 岩井 淳
近世の神聖ローマ帝国とオランダ : 複合国家論の射程 望月秀人
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想