「趣味に生きる」の文化論 : シリアスレジャーから考える

宮入恭平, 杉山昂平編

この本の情報

書名 「趣味に生きる」の文化論 : シリアスレジャーから考える
著作者等 二宮 浩彰
宮入 恭平
山中 雅大
早稲田 みな子
杉山 昂平
板津 木綿子
桜井 政成
歌川 光一
神野 由紀
薗田 碩哉
遠藤 英樹
野村 駿
須藤 廣
飯田 豊
高橋 かおり
三浦 倫正
下山田 翔
劉 潤
執行 治平
青野 桃子
上岡 磨奈
書名ヨミ シュミ ニ イキル ノ ブンカロン : シリアス レジャー カラ カンガエル
書名別名 趣味に生きるの文化論 : シリアスレジャーから考える
出版元 ナカニシヤ出版
刊行年月 2021.4
ページ数 xvi, 183p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7795-1461-6
NCID BC06739698
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
SNSが築く弱い趣味縁の面白さ 杉山 昂平
「アイドル、はじめました。」 : アイドルは仕事なのか、趣味なのか 上岡磨奈
「地域(まち)を取り戻す」という遊び : スポーツを通じた観光まちづくりを事例に 遠藤 英樹
「趣味」としての部活動 : 学校教育が醸成する発表会的心性 宮入 恭平
それでも舞台に立てる理由 : まじめに遊ぶための人間関係と規則 高橋 かおり
より良い生き心地を求めるLGBTのシリアスレジャー 板津 木綿子
アマチュア : 「稽古(事)」と「たしなみ」 歌川 光一
シリアスレジャーとしてのボランティア : 余暇か労働か 桜井 政成
プレコロナの世界で 宮入 恭平
ポストコロナの世界へ 宮入 恭平
メディアが可能にする趣味実践 : 「学習」と「観戦」におけるメディアの利用 執行治平
ランニングの専門志向化とトレイルランニングへのキャリア 二宮 浩彰
ロバート・ステビンスへのインタビュー 下山田翔
中国の広場ダンス : ブームとなる社会的要因とその展開 劉潤
余暇・レジャー・趣味・レクリエーションを巡ることばの世界 薗田 碩哉
夢追いバンドマンにとって音楽活動は趣味なのか、仕事なのか 野村 駿
政策的に「活用」される自由時間 : シリアスレジャーのあやうさ 青野桃子
日々、料理を探求することのさしすせそと料理のレジャー化 山中 雅大
日系人の「日本語で歌う文化」 : シリアスレジャーでつながるマイノリティ 早稲田 みな子
書道パフォーマンスで変容する書道部 三浦倫正
本書の基本的な視点 杉山 昂平
趣味する消費の果てに : 趣味の街、秋葉原が生み出した「美少女萌え」文化 須藤 廣
趣味と放送 : シリアスレジャーとして始まったCATV 飯田 豊
趣味の大衆化 : テイストとホビーの境界線 神野 由紀
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想