近代語研究  第22集

近代語学会編

この本の情報

書名 近代語研究
著作者等 近代語学会
書名ヨミ キンダイゴ ケンキュウ
巻冊次 第22集
出版元 武蔵野書院
刊行年月 2021.3
ページ数 4, 401, 128p, p531-535
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8386-0743-3
NCID BC06211481
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
"煮詰まる"の「誤用」について 新野直哉
「<官>職ヲハガル」という言い方をめぐって 坂詰力治
「活用形」の論理 小柳智一
『エソポ』『伊曽保』"狐"共通寓話と<SL>・<1542年刊ラテン語本> 小林千草
『改正増補蛮語箋』の「草」部と「木」部について. 上 櫻井豪人
『日本外史訳解』の資料性 今野真二
丁寧語「です」の語源再考 浅川哲也
中世後期から近世初頭における程度副詞の名詞修飾 田和真紀子
和刻本の訳解において修訂された語彙 荒尾禎秀
室町期の漢語「進退」 山田潔
小学館『古語大辞典』を通して見る『雅言集覧』 平井吾門
常用語の分水嶺 木村一
式亭三馬の仮名遣い 長崎靖子
悉曇学者行智の江戸語音声観察 肥爪周二
感謝の双方向化と感謝表現の双方向性 田島優
明治・大正期の書き言葉における文体と語彙の通時的変化 近藤明日子
昭和20年までの海南島における日本語教科書と海南語会話書 園田博
江戸語の呼称詞と呼称接辞 小松寿雄
浜松市立賀茂真淵記念館所蔵『古言別音鈔』について 内田宗一
浮世風呂の「世話アする・先イ行く・酒ヱ買う」などの言い方をめぐって 坂梨隆三
現代の謙譲語形式における参与者間の関係性について 伊藤博美
節用集終焉期の諸相 佐藤貴裕
翻訳兵学書の近代漢語 松井利彦
近代に口語訳された三種の梅暦 北﨑勇帆
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想