ジェンダー暴力の文化人類学 : 家族・国家・ディアスポラ社会

田中雅一, 嶺崎寛子編

この本の情報

書名 ジェンダー暴力の文化人類学 : 家族・国家・ディアスポラ社会
著作者等 嶺崎 寛子
田中 雅一
書名ヨミ ジェンダー ボウリョク ノ ブンカ ジンルイガク : カゾク コッカ ディアスポラ シャカイ
書名別名 ジェンダー暴力の文化人類学 : 家族国家ディアスポラ社会
出版元 昭和堂
刊行年月 2021.2
ページ数 xi, 445, xip
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8122-2018-4
NCID BC06052253
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ある「母」の生成 : アルゼンチン強制失踪者の哀悼と変わりゆく家族 石田智恵
ジェンダー暴力とは何か? 田中 雅一, 嶺崎 寛子
ジェンダー暴力の回避 : エジプトのムスリムの試み 嶺崎 寛子
トランスローカルなジェンダー暴力 : インド・パンジャーブ出身女性の経験 東聖子
二重の暴力 : ネパールにおける売春とカースト 藤倉康子
仕事・恋愛・暴力が交錯する場 : カラオケパブで出会うフィリピン人女性と日本人男性 田川夢乃
南アジアにおける強制結婚 : 規定婚、児童婚、非人間との結婚 田中 雅一
名誉は暴力を語る : エジプト西部砂漠ベドウィンの血讐と醜聞 赤堀雅幸
名誉をよみかえる : イスタンブルの移住者社会における日常の暴力と抵抗 村上薫
噂、監視、密告 : モロッコのベルベル人にみる名誉と日常的暴力の周辺 齋藤剛
復讐するは誰のため? : ギリシャのロマ社会における名誉をめぐる抗争 岩谷彩子
抑圧された苦悩の可視化 : 韓国の烈女と鬼神 澤野美智子
揺らぐ家父長制 : ノルウェーのアラブ系難民女性の定住過程 辻上奈美江
揺れ動くジェンダー規範 : 旧ソ連中央アジアにおける世俗主義とイスラーム化 和崎聖日
暴力と移動が交錯する生 : メキシコにおける中米女性移民たち 佐々木祐
痛みと記憶 : チリ・軍政下を生き抜く女性たち 内藤順子
自由、さもなくば罪人 : 性の多様性をめぐるインド刑法の攻防 山崎浩平
越境する「強制結婚」 : ノルウェーのパキスタン系移民女性とNGO活動 小牧幸代
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想