日本中世史入門 : 論文を書こう

秋山哲雄, 田中大喜, 野口華世編

この本の情報

書名 日本中世史入門 : 論文を書こう
著作者等 田中 大喜
秋山 哲雄
野口 華世
書名ヨミ ニホン チュウセイシ ニュウモン : ロンブン オ カコウ
出版元 勉誠出版
刊行年月 2021.3
版表示 増補改訂新版
ページ数 11, 579, 11p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-585-22280-4
NCID BC05805775
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「史料論の時代」における古文書学の可能性 佐藤雄基
「歴史学」を学ぶということ
中世の武士と社会の特質を考える 田中 大喜
中世の特質を明らかにする 秋山 哲雄
中世人の生活を探る 川戸貴史
中世天皇家の荘園の意味を考える 野口 華世
中世寺院と顕密体制を考える 石田浩子
中世武士のとらえ方はどう変わったか 伊藤瑠美
中世的権門としての摂関家 高松百香
中世考古学の方法 村木二郎
地域史と国家史のあわいで 植田真平
外国との関わりを考える 伊川健二
室町幕府法からみた中世後期の「法」の特質 松園潤一朗
室町期守護論の「これまで」と「これから」 大薮海著
幕府による全国統治の実態に迫る 西田友広
平家政権論の軌跡とこれから 前田英之
政治史と家族史の融合 佐伯智広
新たなる権力者像の<発見> 大田壮一郎
朝廷を支える官僚システム 遠藤珠紀
東アジア交流の玄関口としての境界領域 荒木和憲
水陸のみちを考える 藤本頼人
生活の舞台としての村落をどうとらえるか 高木徳郎
税制・財政史から中世国家・社会の成立を考えるために 守田逸人
絵画にかくされたもうひとつの日本文化 黒田智
論文を書こう
身分と集団から中世社会を考える 辻浩和
都市の輪郭について考える 三枝暁子
鎌倉幕府の法と裁判へのまなざし 木下竜馬
鎌倉幕府を支える様々な人々 赤澤春彦
鎌倉幕府御家人制が中世後期に遺したもの 清水亮
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想