隔離・収容政策と優生思想の現在

高岡健編

この本の情報

書名 隔離・収容政策と優生思想の現在
著作者等 高岡 健
書名ヨミ カクリ シュウヨウ セイサク ト ユウセイ シソウ ノ ゲンザイ
書名別名 隔離収容政策と優生思想の現在

Forced admission to psychiatric hospitals and eugenical sterilization in Japan
シリーズ名 メンタルヘルス・ライブラリー
出版元 批評社
刊行年月 2020.12
ページ数 288p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8265-0720-2
NCID BC04620752
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
やはり、医療観察法は廃止するしかない 中島直
優生保護法から母体保護法への改正の経緯 朝日俊弘
優生保護法被害の謝罪と賠償、そして検証と再発防止について 桐原尚之
優生思想と日本の精神医療 高岡 健
医療保護入院の廃止に向けて 古屋龍太
医療保護入院制度を家族の立場から考える 岡田久実子
医療保護入院制度を廃止しなければならない理由 姜文江
医療保護入院制度廃止に向けた国連人権メカニズムを活用した当事者団体の取り組みについて 山田悠平
医療保護入院問題の原点に立ち帰ること 岡崎伸郎
医療観察法と人権をめぐる現場から 有我譲慶
医療観察法と精神保健福祉法の根本問題 刑事手続と治療提供を再考する 吉岡隆一
医療観察法における「社会復帰」の意味について 樋澤吉彦
医療観察法をめぐる裁判所の判断 池田直樹
医療観察法再考 伊藤哲寛
協力医活動から見た医療観察制度の問題 大久保圭策
措置入院 太田順一郎
措置入院制度の現状について 瀬戸秀
措置入院者の退院後支援 澤野文彦
新たな保安処分推進派イデオローグの誕生を論評する 富田三樹生
旧優生保護法 新里宏二
旧優生保護法と社会 市野川容孝, 犬飼直子
旧優生保護法と精神医療 太田順一郎, 岡田靖雄
権利擁護の視点から医療保護入院を再考する 西川健一
精神保健福祉法の医療基本法<仮称>への統合的解消と治療同意の意味 池原毅和
精神衛生法下の同意入院と現行医療保護入院 後藤基行
精神障害者の退院後支援について 田所淳子
諸外国における強制入院制度とわが国の医療保護入院 塩満卓
障害を持つ女性の立場から 安積遊歩
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想