物語における和歌とは何か

廣田收, 辻和良編著 ; 久富木原玲 [ほか著]

この本の情報

書名 物語における和歌とは何か
著作者等 久富木原 玲
勝亦 志織
吉海 直人
山下 太郎
廣田 收
辻 和良
書名ヨミ モノガタリ ニオケル ワカ トワ ナニ カ
書名別名 物語における和歌とは何か
出版元 武蔵野書院
刊行年月 2020.9
ページ数 iv, 360, 5p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8386-0734-1
NCID BC03236045
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「あしたの原の女郎花」 : 薫の和歌に秘められた欲望 井野葉子
「浮舟」巻の枠取り : 巻中和歌の「君」を起点に 野村倫子
『うつほ物語』における和歌と歌物語性 : 藤原兼雅の例から 勝亦志織
『浜松中納言物語』の渡唐中の恋をめぐる和歌の役割考 : 男主人公の「題号由来歌」と唐后の「波の上の」詠をめぐって 松浦あゆみ
『浜松中納言物語』尼姫君の対中納言意識の変化 : 巻三「うきながら」歌の解釈を中心に 星山健
『源氏物語』における催馬楽と和歌 : 竹河巻・総角巻・東屋巻の巻名から 久富木原玲
『源氏物語』における詠歌の場と表現 : 「言忌み」をめぐって 廣田 收
中の君の詠歌をめぐって : 物語の和歌に関する一つの試み 乾澄子
二人だけの歌 : 『大和物語』一六一段試論 亀田夕佳
仮名表記で活性化した和歌・物語 : 『和泉式部日記』を読み直す 吉海直人
古歌が拓く歌物語的世界 : 『うつほ物語』「菊の宴」巻、志賀の山もと 本宮洋幸
歌物語としての『和泉式部日記』 : 「昔語り」から「世語り」へ 山下太郎
物語における和歌とは何か・再考 : 『小式部』と『紫式部物語・和泉式部物語』 高橋亨
物語における歌の働き : 人物形象に関わって 辻 和良
空蝉物語の引歌表現 : 『一条摂政御集』との関わりを中心に 内藤英子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想