「明治」という遺産 : 近代日本をめぐる比較文明史

瀧井一博編著

この本の情報

書名 「明治」という遺産 : 近代日本をめぐる比較文明史
著作者等 瀧井 一博
書名ヨミ 「メイジ」 トイウ イサン : キンダイ ニホン オ メグル ヒカク ブンメイシ
書名別名 明治という遺産 : 近代日本をめぐる比較文明史

Minerva shobo librairie
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2020.10
ページ数 xx, 562, 5p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-08834-8
NCID BC02751250
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「明治一五〇年」とは何だったのか 一坂太郎
「昭和戊辰」における明治維新イメージ 奈良岡聰智
「混合文明」の日本から世界を見る 上野景
グローバル化と明治の鉄道発展 中村尚史
中国革命派の明治維新観 深町英夫
五箇条の御誓文と「普選壇」建設運動 西田彰一
勲章外交 ジョン・ブリーン
大英帝国のマスメディアと明治の大衆新聞・錦絵 アリステア・スウェール
学制布告書の思想史的考察 前田勉
建築と都市から見える明治維新 井上章一
徳川日本における自由とナポレオン 大久保健晴
文明としての議事と議場 清水唯一朗
文明・文化・近代日本 長尾龍一
日本の近代化と公共性・天皇制 伊藤之雄
明治の国楽創成と音楽効用論 光平有希
明治八年の政変 内藤一成
明治天皇と皇族夫妻の海外渡航 浅見雅男
明治日本が見たストックホルムオリンピック 牛村圭
明治社会は"成功"したか 勝部眞人
明治維新とグローバル化 三谷博
昭和維新にとっての明治維新 植村和秀
普遍史論に基づく皇国史観 今野元
朝鮮・韓国における「議会設立」運動と日本 國分典子
木戸孝允の明治・大正・昭和 齊藤紅葉
東京帝国大学における林学教育の導入とその使命 岡本貴久子
比較史から見た明治維新 島田幸典
知識交換の明治 瀧井 一博
維新期政治運動と社会改良運動 小川原正道
近代日本の転換点 小林道彦
進化と教理 松田宏一郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想