モンゴル時代の「知」の東西  下

宮 紀子【著】

人・モノ・情報が行き交う。世界史上、空前のレベルで展開したユーラシアを貫く「知」の交流。歴史・天文・医学・農学などの諸学振興からラシードゥッディーンの翻訳事業まで、モンゴル帝国による巨大な事績を、漢籍やペルシア語古写本など多言語史料により描き出す記念碑的労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第4部 ユーラシア東西の文化交流(移刺楚才『西遊録』とその周辺
  • フレグ大王と中国学-常徳の旅行記より
  • モンゴル王族と漢児の技術主義集団
  • 『元典章』が語るフレグ・ウルスの重大事変
  • ユーラシア東西における度量衡統一の試み
  • ジャライル朝の金宝令旨より)
  • 第5部 ラシードゥッディーンの翻訳事業(ラシードゥッディーンが語る南宋接収
  • ラシードゥッディーンの農書に見える中国情報
  • Tanks‾uq n‾amahの『脈訣』原本を尋ねて-モンゴル時代の書物の旅
  • Tanks‾uq n‾amahの「序文」抄訳)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モンゴル時代の「知」の東西
著作者等 宮 紀子
書名ヨミ モンゴルジダイノチノトウザイ : ゲ
巻冊次
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2018.2.28
ページ数 2冊
大きさ 23cm
ISBN 978-4-8158-0901-0
NCID BB25701312
BC02626565
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想