ブラック・ライヴズ・マター : 黒人たちの叛乱は何を問うのか

この本の情報

書名 ブラック・ライヴズ・マター : 黒人たちの叛乱は何を問うのか
書名ヨミ ブラック・ライヴズ・マター : コクジン タチ ノ ハンラン ワ ナニ オ トウ ノカ
書名別名 ブラックライヴズマター : 黒人たちの叛乱は何を問うのか

Black lives matter (ブラック・ライヴズ・マター) : 黒人たちの叛乱は何を問うのか
出版元 河出書房新社
刊行年月 2020.8
ページ数 207p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-309-24973-5
NCID BC02150013
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
<全-世界>におけるブラック・ライヴズ・マターは反欧米中心主義、反血統主義を掲げる 中村隆之
Black Lives Matter論序説 山崎雄史
HIPHOPはBLMのサウンドトラックである DJ NAOMI, 塚田桂子, 渡辺志保
「日本人特権」の使い方 名波ナミ
「白人ナショナリズム」は何を問うのか 渡辺靖
すべてがとても壊れやすく見え、同時にとても力強く見えています 五井健太郎
もちろん黒人の生命は大事だ。そうじゃないことなんてある? 辰巳JUNK
わたしは逃げながら、武器を探すのです 酒井隆史
アメリカ黒人暴動史 友常勉
ジョージ・フロイドの叛乱に関するテーゼ シェモン&アルトゥーロ, 佐用今住
ダークの系譜 木澤佐登志
ヒップホップは支配者を狂わせ、怒らせ、苛立たせる 二木信
ブラック・ライヴズ・マターとは何か マニュエル・ヤン
ブラック・ラディカリズムのいくつもの未来 アンジェラ・デイヴィス, 大畑凛
ブロンクスをとりもどせ! シュリン・ロドリゲス, 高祖岩三郎
ミネアポリス暴動からの報告書 小林隼
内在化されかつ排除されている者の革命 イドリス・アツ・ロビンソン, 高祖岩三郎
反乱から革命へ カリ・アクーノ, 今政肇
反乱は多くの形で現れる マリア・ヘロン, 高祖岩三郎
国家の対反乱戦略地図 仲田教人
暴動の声/蜂起の言葉 マット・ピーターソン, 高祖岩三郎
死者たちからの雷鳴のような呼びかけ 五井健太郎
蜂起の経緯 マット・ピーターソン, 高祖岩三郎
路上の身体、公の哀悼 五十嵐舞
黒人のリーダーシップ等にまつわる白人の虚構について 名波ナミ
黒人の命は軽くない 長澤唯史
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想