知的財産における制度的なアイデンティティ : 比較法制度という観点から日本の知的財産高等裁判所の発展にソフトローが果たした役割の重要性

デイヴィッド・ティルト [著]

この本の情報

書名 知的財産における制度的なアイデンティティ : 比較法制度という観点から日本の知的財産高等裁判所の発展にソフトローが果たした役割の重要性
著作者等 Tilt, David
書名ヨミ チテキ ザイサン ニオケル セイドテキナ アイデンティティ : ヒカクホウ セイド ト イウ カンテン カラ ニホン ノ チテキ ザイサン コウトウ サイバンショ ノ ハッテン ニ ソフト ロー ガ ハタシタ ヤクワリ ノ ジュウヨウセイ
書名別名 Institutional identity in intellectual property : comparative perspectives on the importance of soft law in Japan's IP high court
シリーズ名 特許庁委託産業財産権制度調和に係る共同研究調査事業調査研究報告書
出版元 知的財産研究教育財団知的財産研究所
刊行年月 2020.3
ページ数 v, iv, 46, 41p
大きさ 30cm
NCID BB3014868X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 英語
日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想