人体実験の哲学 : 「卑しい体」がつくる医学、技術、権力の歴史

グレゴワール・シャマユー著 ; 加納由起子訳

この本の情報

書名 人体実験の哲学 : 「卑しい体」がつくる医学、技術、権力の歴史
書名ヨミ ジンタイ ジッケン ノ テツガク :「イヤシイ カラダ」ガ ツクル イガク、ギジュツ、ケンリョク ノ レキシ
書名別名 人体実験の哲学 : 卑しい体がつくる医学技術権力の歴史

Les corps vils : expérimenter sur les êtres humains aux XVIIIe et XIXe siècles
出版元 明石書店
刊行年月 2018.9
ページ数 583p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7503-4728-8
NCID BB27005935
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想