十字架

伊藤飛鳥 著

イエスは、自らの死によって、他人のために死することの美しさや尊さを教えた。今、教育者に求められているのは、まさにこの十字架の教えである。自己犠牲を恐れぬ教育の実践である。恥辱に耐え、痛みに耐え、なお自らの教育理念を貫くため、十字架を背負い続けることができるか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 キリスト教における十字架の真実
  • 第1章 十字架を背負ったイエスの生涯と愛の思想
  • 第2章 イエスはなぜ迫害されたか
  • 第3章 イエスを裏切った者たち
  • 第4章 復活信仰は何を示そうとしているのか
  • 第5章 人それぞれが背負う人生の十字架-十字架教育論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 十字架
著作者等 伊藤 飛鳥
書名ヨミ ジュウジカ : ナザレ ノ イエス ノ アイ
書名別名 Crux

ナザレのイエスの愛

Jujika
出版元 日新報道
刊行年月 2008.3
ページ数 119p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8174-0660-6
NCID BB26744398
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21397219
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想