ICD・CRTの考えかた,使いかた

清水昭彦 編

ICD・CRTの使いかたや考えかたについて、初学者にもわかりやすくレクチャー。研修医・ME向けのQ&Aコーナーも充実、具体例を通じて臨床上の疑問をすっきりと解決!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 基礎編-ICD・CRDの考えかた(ICD・CRT(D)の歴史と概要
  • 仕組みと基本的設定
  • 適応とガイドライン
  • 植え込み術・周術管理
  • 管理・経過観察
  • 特別基礎編-MEのための臨床上のポイントQ&A)
  • 第2章 応用編-ICD・CRTをより賢く使う(ICDの考えかた
  • CRTの考えかた)
  • 第3章 特別編-知って使う新しい除細動器(脱静脈内除細動リードシステム)(自動体外式除細動器(AED)
  • 着用型自動除細動器(WCD)
  • 皮下植込み型除細動器(S‐ICD))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ICD・CRTの考えかた,使いかた
著作者等 清水 昭彦
書名ヨミ アイシーディー シーアールティー ノ カンガエカタ ツカイカタ
書名別名 Aishidi shiaruti no kangaekata tsukaikata
出版元 中外医学社
刊行年月 2018.2
ページ数 386p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-498-13650-2
NCID BB26308104
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23018111
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想