海を渡った鯨組の子孫たち

土屋 康夫【著】

明治の初め、日本近海での捕鯨をあきらめ、和歌山県太地町から北米に渡った人たちがいた。太平洋戦争に翻弄されながらも生き抜いた日系人の実相。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 わがふるさとはターミナル島
  • 第1章 海を渡った人たち
  • 第2章 移民から米国市民へ
  • 第3章 ターミナル島
  • 第4章 太平洋戦争
  • 第5章 それぞれの出発
  • 第6章 日系人のきずな
  • 終章 太地町を歩く

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海を渡った鯨組の子孫たち
著作者等 土屋 康夫
書名ヨミ ウミヲワタッタクジラグミノシソンタチ
出版元 ゆいぽおと;KTC中央出版
刊行年月 2018.3.10
ページ数 238p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-87758-470-2
NCID BB2614756X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想