多元計算解剖学の基礎と臨床への応用

橋爪 誠【編著】

[目次]

  • 第1章 新学術領域「多元計算解剖学」序論
  • 第2章 多元計算解剖学の基礎(多元計算解剖学を支える技術)(多元計算解剖学の目的
  • 生体画像技術
  • ミクロ3次元画像化技術 ほか)
  • 第3章 多元計算解剖学の学術展開(解剖学・微細形態学への学術展開
  • 病理学への学術展開
  • 生理学への学術展開 ほか)
  • 第4章 多元計算解剖学の臨床研究への応用(画像診断学への臨床応用
  • 脳科学への臨床応用
  • 脳機能標準アトラスと未来予測手術
  • 胸部外科への臨床応用
  • Micro‐CTと肺 ほか)
  • 第5章 多元計算解剖学の将来展望「生きた人体の総合理解にむかって」(人材育成と組織改革)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 多元計算解剖学の基礎と臨床への応用
著作者等 橋爪 誠
書名ヨミ タゲンケイサンカイボウガクノキソトリンショウヘノオウヨウ
出版元 誠文堂新光社
刊行年月 2018.3.17
ページ数 303p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-416-51824-3
NCID BB26124145
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想