兵士というもの : ドイツ兵捕虜盗聴記録に見る戦争の心理

ゼンケ・ナイツェル, ハラルト・ヴェルツァー [著] ; 小野寺拓也訳

この本の情報

書名 兵士というもの : ドイツ兵捕虜盗聴記録に見る戦争の心理
著作者等 Neitzel, Sönke
Welzer, Harald
小野寺 拓也
書名ヨミ ヘイシ ト イウ モノ : ドイツヘイ ホリョ トウチョウ キロク ニ ミル センソウ ノ シンリ
書名別名 Soldaten : Protokolle vom Kämpfen, Töten und Sterben
出版元 みすず書房
刊行年月 2018.4
ページ数 413, 54p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-622-08679-6
NCID BB25956164
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想