オーロラの話をしましょう : 世界的権威が語るオーロラ研究の黎明期から最新研究まで

赤祖父 俊一【著】

[目次]

  • 第1章 オーロラという言葉との出会い
  • 第2章 オーロラの環
  • 第3章 オーロラの光と活動
  • 第4章 人工衛生の活躍
  • 第5章 オーロラ発電機と電流回路
  • 第6章 オーロラ爆発と磁気嵐(リングカレント)
  • 第7章 太陽黒点、太陽滋場、太陽圏、銀河の磁場
  • 第8章 太陽面の爆発現象(フレア)とオーロラ
  • 第9章 オーロラ研究の将来と研究の仕方についての私見

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オーロラの話をしましょう : 世界的権威が語るオーロラ研究の黎明期から最新研究まで
著作者等 赤祖父 俊一
書名ヨミ オーロラノハナシヲシマショウ : セカイテキケンイガカタルオーロラケンキュウノレイメイキカラサイシンケンキュウマデ
出版元 誠文堂新光社
刊行年月 2018.3.15
ページ数 223p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-416-61836-3
NCID BB25878901
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想