LPSO型マグネシウム合金の材料科学 : 実用段階に入った日本発の新合金

河村 能人【代表編著】;相澤 一也;古原 忠;東田 賢二【共同編著】

日本で新たに開発された新材料「LPSO型マグネシウム合金」。実用金属で最も軽量であるマグネシウムを主成分とするマグネシウム合金は輸送機器の軽量構造材料として注目されている。日本が世界に誇る材料工学の世界と大規模な最先端施設を活用した精密構造解析の手法をわかりやすく解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 軽金属材料における新たな展開
  • 第2章 LPSO構造とは一体どのようなものなのか?
  • 第3章 LPSO構造はどのようにしてできるのか?
  • 第4章 LPSO型マグネシウム合金はなぜ強いのか?
  • 第5章 LPSO型マグネシウム合金の実用化に向けた取り組み
  • 第6章 熊本大学先進マグネシウム国際研究センター(MRC)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 LPSO型マグネシウム合金の材料科学 : 実用段階に入った日本発の新合金
著作者等 古原 忠
東田 賢二
相澤 一也
河村 能人
書名ヨミ LPSOガタマグネシウムゴウキンノザイリョウカガク : ジツヨウダンカイニハイッタニホンハツノシンゴウキン
出版元 日経BPコンサルティング;日経BPマーケティング
刊行年月 2018.2.20
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-86443-128-6
NCID BB25877068
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想