日本文学全集の時代 : 戦後出版文化史を読む

田坂 憲二【著】

叡智と洗練の饗宴。出版がもっとも光り輝いていた"あの時代"を、文学全集の書誌学的調査を通して詳細に描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 王道-筑摩書房の日本文学全集の歴史
  • 第2章 先駆-角川書店『昭和文学全集』の誕生
  • 第3章 定番-新潮社『日本文学全集』の変化
  • 第4章 現代-講談社『日本現代文学全集』とその前後
  • 第5章 新進-集英社の『自選集』と『日本文学全集』
  • 第6章 差異-中央公論社『日本の文学』と文藝春秋『現代日本文学館』
  • 第7章 拡大-河出書房『現代文豪名作全集』以降
  • 第8章 教養-学習研究社と旺文社の文学全集

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文学全集の時代 : 戦後出版文化史を読む
著作者等 田坂 憲二
書名ヨミ ニホンブンガクゼンシュウノジダイ : センゴシュッパンブンカシヲヨム
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2018.3.30
ページ数 265,23p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-7664-2511-6
NCID BB2586671X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想