企業不正の研究 : リスクマネジメントがなぜ機能しないのか?

安岡 孝司【著】

エース社員、現場責任者、管理部門、経営幹部、そして社長-誰が、どうして、堕ちていくのか?神戸製鋼所、東芝、三菱自動車、東洋ゴム、オリンパス、椿本興業、富久娘、JXTG-「日本品質の危機」は、なぜ広がったのか?あぶない会社は組織図でわかる!コンプライアンスを連呼する会社ほど不正が拡大する?経理係はどこに置くのがいいのか?あなたの会社の「3つのディフェンスライン」は穴だらけ!?経営者や幹部の不正に気づいたら、どう行動すべきか?重大なリスクを見落としていないか?仲間を信じることは正しいか?-不正の発生・拡大を防ぐために何をすべきか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 企業不正事件の報告書から学ぶ(東洋ゴム工業の免震ゴムのデータ改ざん-開発力不足の問題
  • 富久娘酒造の表示偽装-技術力不足の問題
  • 神戸製鋼所の品質偽装-データの改ざん
  • JXTGエネルギー水島製油所の虚偽検査記録-工場検査での問題 ほか)
  • 第2部 クイズ形式で学ぶリスクマネジメントの基本(リスクマネジメントと経営判断
  • リスクマネジメントの体制
  • リスクマネジメントの限界
  • リスクマネジメントの目的 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 企業不正の研究 : リスクマネジメントがなぜ機能しないのか?
著作者等 安岡 孝司
書名ヨミ キギョウフセイノケンキュウ : リスクマネジメントガナゼキノウシナイノカ
出版元 日経BP社;日経BPマーケティング
刊行年月 2018.3.19
ページ数 261p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-8222-5566-4
NCID BB2586108X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想