サブカルの想像力は資本主義を超えるか

大澤 真幸【著】

歴史上、「資本主義の危機」は何度も言われてきた。しかし、資本主義は幾度もその危機を乗り越えてきた。これは、その想像力が私たちの想像力よりも勝ってしまっているからではないか。資本主義が終わった後の世界を私たちは"構想"することができていないため、資本主義は続いてしまっているのではないか?いったい、これまでとは違う世界を私たちは見いだせるのか?社会現象を起こした有名作品を手がかりに構想力を鍛えあげる、白熱の講義録!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 対米従属の縛りを破れるか(単なる作品の読解はしない
  • 虚構の虚構性を上げる ほか)
  • 第2部 善悪の枷から自由になれるか(あさま山荘事件の衝撃
  • 善や正義に対する過剰な信仰は、逆に悪へと反転する ほか)
  • 第3部 資本主義の鎖を引きちぎれるか(「くん」は「さん」にとって重要な背景になっている
  • お約束に反する、きわめてリアリティある展開 ほか)
  • 第4部 この世界を救済できるか(無関係の極限と関係の極限に振れる
  • 恋愛の特徴は、無関係から関係への劇的な転換 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サブカルの想像力は資本主義を超えるか
著作者等 大沢 真幸
大澤 真幸
書名ヨミ サブカルノソウゾウリョクハシホンシュギヲコエルカ
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2018.3.22
ページ数 339p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-04-105672-1
NCID BB25828299
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想