倫理学基礎講座

マティアス・ルッツ=バッハマン 著 ; 桐原隆弘 訳

本書は、哲学的倫理学の中心的諸問題を紹介し、人の振る舞いの道徳性を吟味するための体系的見地を提案する。なぜ道徳的であるべきか、という倫理学の根本的な問いに向き合い、読者が自ら考察を深めることを促す入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 倫理学とは何か(哲学的倫理学
  • メタ倫理学
  • 倫理学のさまざまな方法)
  • 第2章 倫理学のモデル(アリストテレスの徳倫理学
  • 功利主義的帰結主義
  • カントの義務論的倫理学
  • 討議倫理学)
  • 第3章 倫理学の基本概念(行為
  • 善、正、正義
  • 自由と責任
  • 実践理性)
  • 第4章 応用倫理学(倫理原則の根拠付けおよび応用
  • 道徳の多元化の時代における倫理学
  • 応用倫理学の「中間」原理)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 倫理学基礎講座
著作者等 Lutz-Bachmann, Matthias
桐原 隆弘
Lutz‐Bachmann Matthias
ルッツ=バッハマン マティアス
書名ヨミ リンリガク キソ コウザ
書名別名 Grundkurs Philosophie.Band 7:Ethik

Rinrigaku kiso koza
出版元 晃洋書房
刊行年月 2018.2
ページ数 170p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7710-2919-4
NCID BB25791199
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23017256
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想