フランス近代憲法理論の形成 : ロッシからエスマンへ

時本 義昭【著】

[目次]

  • 序章 共和国と憲法学(一九世紀末の独仏における法的国家論
  • サクリスト『憲法学者の共和国』)
  • 第1章 七月王政とロッシ『憲法講義』(ロッシとドイツ歴史法学派
  • 憲法講座の設置
  • ロッシ『憲法講義』)
  • 第2章 第三共和制の成立と憲法学(共和派の共和国と憲法講座の創設
  • エスマン以前の憲法学)
  • 第3章 第三共和制とエスマンの憲法学(第三共和制とエスマン
  • エスマンの国民主権論)
  • 終章 フランスにおける近代憲法学の源(レジストの交代
  • ロッシとエスマン)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス近代憲法理論の形成 : ロッシからエスマンへ
著作者等 時本 義昭
書名ヨミ フランスキンダイケンポウリロンノケイセイ : ロッシカラエスマンヘ
出版元 成文堂
刊行年月 2018.2.20
ページ数 274,4p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-7923-0627-4
NCID BB25768776
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想