新・正社員論 : 共稼ぎ正社員モデルの提言

久本 憲夫【著】

"共稼ぎ正社員モデル"-男女ともに正社員として働き続けながら家族形成し、子どもを無理なく育てるという、「家族」という観点からみた雇用モデル。「片稼ぎモデル」の対極にある。現在2割程度の家庭が該当する。この雇用モデルを主流にするには、長時間労働や無駄な転勤などの障害をなくすことが必要である。本書では、これらの障害の実際の程度と除去策について論じている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 男女雇用平等の齟齬とワーク・ライフ・バランス-共稼ぎ正社員モデルの主流化を求めて
  • 第2章 正社員をどう捉えるか-処遇と働き方
  • 第3章 労働時間管理
  • 第4章 転勤と配置転換、そして昇進
  • 第5章 管理職という存在
  • 第6章 ワーク・ライフ・バランス実現に向けた改革案-長時間労働促進法制の改革と実効性のある公正な労働市場ルールの確立を
  • 補論1 初職非正社員の増加と正社員への転換
  • 補論2 従業員代表をめぐる論点-過半数代表制の実質化を求めて
  • 補論3 正社員の歴史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新・正社員論 : 共稼ぎ正社員モデルの提言
著作者等 久本 憲夫
書名ヨミ シンセイシャインロン : トモカセギセイシャインモデルノテイゲン
出版元 中央経済社;中央経済グループパブリッシング
刊行年月 2018.3.20
ページ数 265p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-502-24961-7
NCID BB25741102
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想