徳川家康の服飾

福島 雅子【著】

江戸幕府初代将軍として以後260年余つづく徳川政権の礎を築いた徳川家康。その家康が遺した100点以上の服飾コレクションから、辻が花染・小紋染遺品の特色、「葵紋」の定式化を検討し、中世末から近世初頭の服飾史上の一大転換期に現れた「家康好み」ともいえる新たな武家服飾形式を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 徳川家康の服飾遺品
  • 第1部 辻が花染の服飾類(徳川家康所用の辻が花染服飾類
  • 東京国立博物館所蔵「白紫段練緯地葵紋散模様陣羽織」
  • 東京国立博物館所蔵「白練緯地松皮菱竹模様小袖」)
  • 第2部 小紋染服飾類の展開(紀州東照宮所蔵「紺地宝尽小紋小袖」
  • 徳川美術館所蔵の小紋染服飾類
  • 江戸東京博物館所蔵「萌葱地葵紋付小紋染羽織」)
  • 第3部 近世武家服飾の形成(徳川家康所用小袖類における五つの紋の形成
  • 雁金屋関係資料にみる徳川家康および徳川将軍家の服飾
  • 徳川家康所用服飾類における服飾様式)
  • 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 徳川家康の服飾
著作者等 福島 雅子
書名ヨミ トクガワイエヤスノフクショク
出版元 中央公論美術出版
刊行年月 2018.2.20
ページ数 308p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-8055-0793-3
NCID BB25740609
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想