批判理論の系譜学

ノルベルト・ボルツ [著] ; 山本尤, 大貫敦子 訳

[目次]

  • 第1章 マクス・ヴェーバーの影(第二の倫理
  • 知られざる神の神権主義 ほか)
  • 第2章 決断の時代(均等化の試練
  • 政治的なるものとその敵 ほか)
  • 第3章 コペルニクス的に転換した歴史(歴史の夢
  • 商品の魂の売春 ほか)
  • 第4章 美的亡命(ごく個人的な芸術、マクス・ヴェーバーとシュテファン・ゲオルゲ
  • 美しい仮象への攻撃 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 批判理論の系譜学
著作者等 Bolz, Norbert W
大貫 敦子
山本 尤
Bolz Norbert
ボルツ ノルベルト
書名ヨミ ヒハン リロン ノ ケイフガク : リョウタイセンカン ノ テツガクテキ カゲキ シュギ
書名別名 AUSZUG AUS DER ENTZAUBERTEN WELT

両大戦間の哲学的過激主義
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 572
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2018.2
版表示 新装版
ページ数 274,45p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-14047-1
NCID BB2573537X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23024080
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想