馬を巡る旅~遥かなる旅路~

小檜山悟 著

1頭の競走馬に関わる人の数は膨大だ。そこには様々な物語がある。内側にいる者にしかわからないストーリーや忘れ去られたエピソードも多い。JRA現役調教師が語る厩舎から見た競馬の魅力。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 先人の軌跡(調教師の系譜-柴孫会と尾形会
  • 中村家の提言-戦中・戦後の競馬 ほか)
  • 第2章 ペガサスを駆る人々(天馬の翼-藤田菜七子
  • 名馬の背-辻野豊 ほか)
  • 第3章 明日への飛翔(高原を駈ける馬たち-長野・高ボッチ競馬場
  • ターフへのあこがれ-ジョッキーベイビーズ ほか)
  • 第4章 伝統にかける(疾走する侍たち-相馬野馬追
  • 杜にこだまする的中音-府中・大国魂神社 ほか)
  • 第5章 市井の馬と人(信州の馬王国-長野・スエトシ牧場
  • ペットとして馬を飼うということ-オーストラリアンリトルホース ほか)
  • 第6章 遙かなる旅路(ニューマーケットの風-海外研修
  • 忘れ得ぬ名馬-タニノチカラ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 馬を巡る旅~遥かなる旅路~
著作者等 小檜山 悟
書名ヨミ ウマ オ メグル タビ ハルカ ナル タビジ
書名別名 My Horse Memoirs
出版元 三才ブックス
刊行年月 2017.12
ページ数 218p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86673-016-5
NCID BB25731583
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23004169
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想