宇治拾遺物語全訳注  上

高橋 貢;増古 和子【訳】

鎌倉時代前期に成立した代表的説話集。貴族・僧などの著名人から、下級官人、侍、庶民、子供まで登場人物が多様で世俗的傾向の強い話を集める。強力譚、報恩譚、聖譚、不思議譚、艶笑譚など世の万般を描く切れ味鋭い話の数々。本巻には「舌切り雀」「芋粥」など現代に伝わる物語を含む一〇四話を収録。古本系統『伊達本』を底本として全訳・解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 道命阿闍梨、和泉式部の許に於て読経し、五条の道祖神聴聞の事
  • 丹波国篠村に平茸生ふる事
  • 鬼に〓(こぶ)取らるる事
  • 伴大納言の事
  • 随求陀羅尼、額に籠むる法師の事
  • 中納言師時、法師の玉茎検知の事
  • 龍門の聖、鹿に替らんと欲する事
  • 易の占して金取り出す事
  • 宇治殿倒れさせ給て、実相房僧正験者に召さるる事
  • 秦兼久、通俊卿の許に向かひて悪口の事〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宇治拾遺物語全訳注
著作者等 増古 和子
高橋 貢
書名ヨミ ウジシュウイモノガタリゼンヤクチュウ : ジョウ
シリーズ名 講談社学術文庫
巻冊次
出版元 講談社
刊行年月 2018.3.9
ページ数 846p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-06-292491-7
NCID BB25731211
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想