君主論

マキアヴェリ 著 ; 池田廉 訳

「人はただ結果だけで見てしまう」「加害行為は、一気にやってしまわなくてはいけない」「愛されるより恐れられるほうが、はるかに安全である」等の文言で、目的のためには手段を選ばない権謀術数の書とレッテルを貼られ「マキアヴェリズム」という言葉を生んだ古典的名著の隠された真髄。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 君主国にはどんな種類があり、その国々はどのような手段で征服されたか
  • 世襲の君主国
  • 混成型の君主国
  • アレクサンドロス大王が征服したダレイオス王国は、大王の死後も、後継者への謀反が起きなかった。その理由はどこにあるのか
  • 都市、あるいは国を始めるにあたって、征服以前に、民衆が自治のもとで暮らしてきたばあい、どうすればよいか
  • 自分の武力や力量によって、手に入れた新君主国について
  • 他人の武力や運によって、手に入れた新君主国について
  • 悪らつな行為によって、君主の地位をつかんだ人々
  • 市民型の君主国
  • さまざまの君主国の戦力を、どのように推しはかるか〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 君主論
著作者等 Machiavelli, Niccolò
池田 廉
Machiavelli Niccol`o
マキアヴェリ
書名ヨミ クンシュロン
書名別名 Il Principe
シリーズ名 中公文庫 マ2-4
出版元 中央公論新社
刊行年月 2018.2
版表示 新版
ページ数 267p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-206546-8
NCID BB25730434
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23021136
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想