信の哲学 : 使徒パウロはどこまで共約可能か  上巻

千葉 惠【著】

[目次]

  • 第1部 信の哲学を可能にするもの-ロゴスとエルゴンの共鳴和合(信の哲学の基礎理論-パウロ神学の哲学的分析を可能にする共約的方法
  • アリストテレス哲学と様相アプローチ-不可視なロゴス「魂」の探求)
  • 第2部 パウロにおける信の根源性と信と業ならびに心身(霊肉)の統一理論(パウロにおける信の根源性の論証-「ローマ書」の意味論的分析に基づく当該性規準とその帰一的解釈
  • パウロの心身論-心魂の内奥に何が生起するのか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 信の哲学 : 使徒パウロはどこまで共約可能か
著作者等 千葉 恵
千葉 惠
書名ヨミ シンノテツガク : シトパウロハドコマデキョウヤクカノウカ : ジョウカン
巻冊次 上巻
出版元 北海道大学出版会
刊行年月 2018.2.28
ページ数 836p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-8329-6836-3
NCID BB2571496X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想