ハーバーマス : コミュニケーション的行為

中岡 成文【著】

人間には暴力・抑圧に支配されず対話を交わし、相互理解に到達する理性の力が与えられている。宗教や因習など非理性的な力を脱した近代社会において、民主的な原理はようやく一人立ちしたが、同時に支配のシステムは強大に、そこから生じる人間疎外も強固になり、コミュニケーション的理性の可能性は十分には実現できなかった。異なる利害を持った人間が意思を疎通し、行為を調整しあうにはどうしたら良いのか。あくまでも人間のコミュニケーションへの信頼を保とうとするハーバーマス。その全貌をとらえた一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ コミュニケーション的理性への信頼
  • 第1章 批判的社会理論への旅立ち
  • 第2章 制度と言語-イデオロギー批判への取り組み
  • 第3章 システムと生活世界
  • 第4章 近代合理主義と人間のコミュニケーション
  • 第5章 ポストモダン思想との対決
  • 第6章 多元的社会における法と道徳
  • エピローグ 政治的実践の中で
  • 終章 対話は世界を変えられるのか-その後のハーバーマス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハーバーマス : コミュニケーション的行為
著作者等 中岡 成文
書名ヨミ ハーバーマス : コミュニケーションテキコウイ
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2018.3.10
版表示 増補
ページ数 384p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-480-09853-5
NCID BB25713209
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想