広島の被爆と福島の被曝 : 両者は本質的に同じものか似て非なるものか

齋藤 紀【著】

著者は広島で30年間被爆者を診察し、日常的にも被爆者と交流し、被爆者の声を聴きつづけてきた。同時に医師として原爆訴訟の法廷にも立ち原爆症を歪曲する見解と激しく議論を続けてきた。また被爆者の国家補償を拒絶し、他方、被爆者を線量の担体として扱い、被爆者の苦悩を線量で秤量する被ばく行政にも異議を述べてきた。9年前に転居した福島で3・11に遭遇する。広島とは異なる、線量による人間と地域の分断に直面し、広島とは異なる線量の呪縛化をも経験する。被爆からは70年を超え、事故からは7年に至る。原爆被害と原発被災をあらためて克明にたどりつつ、原爆被害と原発被災が戦後史のなかで交叉することの意味を問う。原爆から原発へ、放射線被ばくと向き合う問題作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章
  • 第1部 広島の被爆とは何だったのか(広島への原爆投下
  • 原爆死
  • 放射線障害の病態
  • 残留放射線と原子爆弾傷害調査委員会
  • 司法への活路
  • 原爆集団訴訟
  • 被爆者のこころ、あるいは倒錯について)
  • 第2部 福島の被曝がもたらしたもの(福島第一原発事故と避難
  • 福島第一原発事故と線量
  • 福島第一原発事故とこころ
  • 福島第一原発事故とがん、遺伝
  • 原子力発電の導入史と現在の課題)
  • 終章 原爆と原発

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 広島の被爆と福島の被曝 : 両者は本質的に同じものか似て非なるものか
著作者等 斎藤 紀
書名ヨミ ヒロシマノヒバクトフクシマノヒバク : リョウシャハホンシツテキニオナジモノカニテヒナルモノカ
出版元 かもがわ出版
刊行年月 2018.3.5
ページ数 269p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-7803-0954-6
NCID BB25710696
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想