がん疼痛治療薬まるわかりBOOK

細矢美紀, 里見絵理子, 岡本禎晃 編著

本書では、オピオイドをはじめとした疼痛治療に用いる薬剤について、薬剤ごとに、使用上の注意点、副作用、ケアのポイントなどをまとめている。また、臨床においては、これらオピオイドの副作用対策も欠かせない。特に、ひんぱんに生じる「悪心・嘔吐」「便秘」への対策では薬物療法が重要となるため、薬剤ごとに重要ポイントをまとめている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論:「がん疼痛治療」とは
  • 1 疼痛治療薬の知っておきたいポイント(強オピオイド
  • その他のオピオイド ほか)
  • 2 オピオイドによる副作用への対策(消化器系の副作用への対策-薬物療法を中心に
  • その他の副作用と対策)
  • 3 安全管理と患者・家族指導(オピオイド導入時の患者・家族への説明
  • 微量ポンプの使い方 ほか)
  • 4 疼痛マネジメントが難しい患者への対応(突出痛
  • 消化管閉塞による痛み ほか)
  • 5 薬物以外の疼痛治療法(神経ブロック
  • 骨セメント ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 がん疼痛治療薬まるわかりBOOK
著作者等 岡本 禎晃
細矢 美紀
里見 絵理子
書名ヨミ ガン トウツウ チリョウヤク マルワカリ ブック
書名別名 TOTAL GUIDE TO ANALGESICS FOR CANCER PAIN

Gan totsu chiryoyaku maruwakari bukku
出版元 照林社
刊行年月 2018.2
ページ数 22,312p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7965-2421-6
NCID BB25694556
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23016315
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想