絵でわかる進化のしくみ 種の誕生と消滅

山田 俊弘【著】

「種とは何か」、「進化とは何か」をわれわれはどこまで理解したのか?生物の多様さを生む進化のしくみを図解。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 進化のしくみ(進化の定義
  • 進化に気がついた人たち
  • ダーウィンの進化理論
  • メンデルの遺伝の法則
  • 遺伝子の正体、DNA
  • 突然変異
  • 集団遺伝学
  • 進化の総合説あるいは現代の総合説
  • 自然選択では説明できない?)
  • 第2部 種は定義可能か?
  • 第3部 変わりゆく種概念(学問以前の種
  • ダーウィン以前の種:静的な世界観とリンネの活躍
  • 進化理論のインパクト:ダーウィンがもたらしたもの
  • 生物学的種の概念:生殖的隔離という考え
  • 21世紀の種の概念:生物多様性保全のために)
  • 第4部 新しい種の起源(種分化)
  • 第5部 種の消滅:第6の大量絶滅の時代(未発見・未記載の種
  • 絶滅:種の消滅
  • 大量絶滅)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絵でわかる進化のしくみ 種の誕生と消滅
著作者等 山田 俊弘
講談社サイエンティフィク
書名ヨミ シュノタンジョウトショウメツ
シリーズ名 絵でわかるシリーズ
出版元 講談社
刊行年月 2018.2.28
ページ数 210p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-06-154784-1
NCID BB25688451
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想