学校福祉とは何か

鈴木 庸裕【編著】

スクールソーシャルワーカーの活用論や、啓発・方法技法論ではない、学校教育領域からの発信。子ども家庭福祉や地域福祉と学校教育を切り結ぶ専門領域として「学校福祉論」を理論的に構築し、実践方法論を提案する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 21世紀型能力論と学校福祉
  • 第2章 福祉教育の変遷と福祉科教育の展開から
  • 第3章 人権教育と学校における福祉
  • 第4章 学校でつくりあげる子どもの福祉
  • 第5章 学校保健・健康教育の発展とソーシャルワーク-健康格差を問う
  • 第6章 学校危機管理と学校福祉
  • 第7章 特別ニーズのある子どもの授業づくりと学校福祉論の視座-「合理的配慮」と「補償」的アプローチを超えて
  • 第8章 切れ目のない発達保障と学校福祉-乳幼児期と学齢期のインターフェイス
  • 第9章 Sozialp¨adagogik/社会的教育学から学校福祉論を再考する
  • 補論1 青年期の課題と学校福祉-ユースソーシャルワークの今後
  • 補論2 包摂でデザインする平和な社会-ノルウェーからの学びを通じて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学校福祉とは何か
著作者等 鈴木 庸裕
書名ヨミ ガッコウフクシトハナニカ
シリーズ名 新・MINERVA福祉ライブラリー 27
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2018.3.20
ページ数 223p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-623-08123-3
NCID BB25678196
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想