総合人類学としてのヒト学

高倉 浩樹【編著】

[目次]

  • 地球におけるヒトの存在
  • 文化としてのドメスティケーション
  • からだの進化
  • 食べものをとる
  • 家畜とともに暮らす
  • 食べものをつくりだす技と場
  • ヒトの家族の起源
  • ヒトの繋がりと社会集団
  • 時間と空間を区切る
  • 遊ぶことと祈ること
  • もののやりとりと社会関係
  • 支配の仕組み
  • 近代世界の成立と国民国家の形成
  • グローバリゼーションとローカル社会
  • 地球温暖化と人類社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 総合人類学としてのヒト学
著作者等 高倉 浩樹
書名ヨミ ソウゴウジンルイガクトシテノヒトガク
シリーズ名 放送大学教材
出版元 放送大学教育振興会;NHK出版
刊行年月 2018.3.20
ページ数 259p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-595-31861-0
NCID BB25664599
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想