エッセンシャル 構造生物学

河合 剛太;坂本 泰一;根本 直樹【著】

[目次]

  • 第1章 構造生物学とは何か(分子生物学の基礎-セントラルドグマ
  • 生化学の基礎-生体分子
  • 構造生物学の基礎-立体構造決定法
  • 本書で学ぶこと)
  • 第2章 タンパク質の構造と機能(タンパク質の基本構造
  • 酵素の構造と機能および機能制御
  • タンパク質と他の分子との相互作用)
  • 第3章 核酸の構造と機能(DNAとRNAの基本構造
  • RNAの構造の多様性
  • RNA酵素の構造と機能
  • 核酸と他の分子との相互作用
  • 修飾ヌクレオチドとRNAの構造)
  • 第4章 生体高分子の構造解析(X線結晶構造解析法
  • NMR法
  • 低温電子顕微鏡)
  • 第5章 コンピュータを利用した解析(二次構造の予測
  • 立体構造の解析
  • 相互作用の解析-ドッキングシミュレーション
  • 構造生物学と創薬)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エッセンシャル 構造生物学
著作者等 坂本 泰一
根本 直樹
河合 剛太
講談社サイエンティフィク
書名ヨミ エッセンシャルコウゾウセイブツガク
出版元 講談社
刊行年月 2018.2.23
ページ数 160p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-06-503800-0
NCID BB25647421
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想