漱石言行録 : 定本 漱石全集  別巻

猪野 謙二【編】

正岡子規、寺田寅彦、小宮豊隆、岡本一平、津田青楓、鈴木三重吉、中勘助、芥川龍之介、野上弥生子、泉鏡花、そして妻、子どもたち、直接に知る人びとが語るそれぞれの漱石。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『墨汁一滴』より(正岡子規)
  • 漱石と子規(赤木格堂)
  • 漱石と自分(狩野亨吉)
  • 予備門時代の漱石(太田達人)
  • 意地張で親切 坊主になる勧告(中村是公)
  • 夏目君と僕と僕の家(斎藤阿具)
  • 漱石の思ひ出(松本文三郎)
  • 学生時代の夏目君(大塚保治)
  • 夏目君の書簡(菅虎雄)
  • 熊本時代の漱石と米山天然居士(長谷川貞一郎)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漱石言行録 : 定本 漱石全集
著作者等 猪野 謙二
書名ヨミ ソウセキゲンコウロク : テイホンソウセキゼンシュウ : ベッカン
巻冊次 別巻
出版元 岩波書店
刊行年月 2018.2.27
ページ数 633p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-00-092849-6
NCID BB25641582
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想