秀吉の武威、信長の武威

黒嶋敏 著

わが武威こそ正義、そのこころは-。天下人が大名を服属させる時、自らの政権をどのように正当化するのか。2人の"勝者"が日本に君臨していく過程を詳述し、その意識と論理、本音と建て前について解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「武威」から見える天下統一の実態
  • 第1章 秀吉の九州「停戦令」
  • 第2章 秀吉の奥羽「惣無事」
  • 第3章 秀吉の武威と静謐
  • 第4章 信長と奥羽
  • 第5章 信長と九州
  • 第6章 信長の武威と東夷
  • 終章 「武威」から見えた二人の違い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 秀吉の武威、信長の武威
著作者等 黒嶋 敏
書名ヨミ ヒデヨシ ノ ブイ ノブナガ ノ ブイ : テンカビト ワ イカニ フクゾク オ セマル ノカ
書名別名 天下人はいかに服属を迫るのか

Hideyoshi no bui nobunaga no bui
シリーズ名 中世から近世へ
出版元 平凡社
刊行年月 2018.2
ページ数 318p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-582-47737-5
NCID BB25605217
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23022699
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想