微妙におかしな日本語

神永曉 著

『日本国語大辞典』の元編集長で、辞書一筋37年のことばの達人が、ことばの結びつきの基本と意外な落とし穴を解説。聖徳太子の時代から現代まで、1400年のスパンで日本語の変化を見てきた著者だからこそ言える、日本語の「正解・不正解」とは-

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ことばの結びつき、正しいのは?"基本編"(火蓋を切る/火蓋を切って落とす
  • 暗雲が垂れ込める/暗雲が立ち込める ほか)
  • 2 微妙に違う日本語、どっちが正解か?(間が持てない/間が持たない
  • 押しも押されもせぬ/押しも押されぬ ほか)
  • 3 じつは「どっちも正しい」日本語(微に入り細を穿つ/微に入り細にわたる/微に入り細に入り
  • 的を射る/的を得る ほか)
  • 4 読み方は同じ。正しいのは?(初心に帰る/初心に返る
  • 跡を絶つ/後を絶つ ほか)
  • 5 漢字は同じ。さて、どう読む?(骨をうずめる/骨をうめる
  • 幕があく/幕がひらく ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 微妙におかしな日本語
著作者等 神永 曉
書名ヨミ ビミョウ ニ オカシナ ニホンゴ : コトバ ノ ムスビツキ ノ セイカイ フセイカイ
書名別名 ことばの結びつきの正解・不正解

Bimyo ni okashina nihongo
出版元 草思社
刊行年月 2018.2
ページ数 287p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7942-2323-4
NCID BB2559232X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23020357
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想