ナポレオン : 最後の専制君主、最初の近代政治家

杉本 淑彦【著】

時代に遅れていると同時に、時代に先駆けてもいた-歴史家は彼をこう評する。コルシカという周縁の地に生をうけ、革命の荒波を乗り切り、皇帝にまで登りつめたナポレオンとは、いかなる人間なのか。若き日の革命人士としての行動、エジプト遠征、プロパガンダ等のあらたな視点も盛り込み、歴史のなかの生涯を描きだす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 コルシカ島
  • 第2章 頭角
  • 第3章 政権欲-第一次イタリア戦役
  • 第4章 イスラームとの遭遇
  • 第5章 敗残将軍が凱旋将軍となる
  • 第6章 大陸の覇者
  • 第7章 時代のはざまに生きる
  • 第8章 暗転

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナポレオン : 最後の専制君主、最初の近代政治家
著作者等 杉本 淑彦
書名ヨミ ナポレオン : サイゴノセンセイクンシュサイショノキンダイセイジカ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2018.2.20
ページ数 225,7p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431706-7
NCID BB25590142
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想