遺伝子  上

シッダールタ・ムカジー 著 ; 仲野徹 監修 ; 田中文 訳

「本書は、科学の歴史上、最も強力かつ"危険"な概念のひとつである『遺伝子』の誕生と、成長と、未来についての物語である」-21世紀の最重要分野となった遺伝子研究。この科学はどのような歴史をへて、今日の隆盛を迎えたのか?19世紀後半にメンデルが発見した遺伝の法則と、ダーウィンの「進化論」が出会ったとき、遺伝学は歩み始めた。ナチス・ドイツが利用した優生学による「民族浄化」という負の遺産を背負いながら、第二次世界大戦後のワトソンとクリックによるDNA二重らせん構造の発見をへて、遺伝学は生命科学そのものを変貌させてゆく。『がん‐4000年の歴史‐』でピュリッツァー賞に輝いた医学者が、専門知識と巧みなストーリー・テリング、そして自らの家系に潜む精神疾患の悲劇を織り交ぜて「遺伝子」のすべてを語る、不世出の科学ノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「遺伝子というまだ存在しない科学」-遺伝子の発見と再発見(一八六五〜一九三五)(壁に囲まれた庭
  • 「謎の中の謎」
  • 「とても広い空白」 ほか)
  • 第2部 「部分の総和の中には部分しかない」-遺伝のメカニズムを解読する(一九三〇〜一九七〇)(「目に見えないもの」
  • 真実と統合
  • 形質転換 ほか)
  • 第3部 「遺伝学者の夢」-遺伝子の解読とクローニング(一九七〇〜二〇〇一)(「乗り換え」
  • 新しい音楽
  • 浜辺のアインシュタインたち ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遺伝子
著作者等 Mukherjee, Siddhartha
仲野 徹
田中 文
ムカジー シッダールタ
書名ヨミ イデンシ : シンミツ ナル ジンルイシ
書名別名 THE GENE

親密なる人類史

Idenshi
巻冊次
出版元 早川書房
刊行年月 2018.2
ページ数 420p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-15-209731-6
NCID BB25587341
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23018943
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想