「もののあはれ」を読み解く

小谷惠造 著

「もののあはれ」の情調といった恋愛の情趣や王朝の雅び心を探り当て、紫式部の比類なき妙筆の真意に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 光源氏の人柄と教養(父親としての光源氏の思慮
  • 琴の名手だった光源氏 ほか)
  • 第2章 光源氏の女君たち(誤解されてゐる六条御息所
  • 朝顔の姫君の自尊心 ほか)
  • 第3章 「憂きこと」多き光源氏(藤壷宮への思慕
  • 須磨・明石での流謫生活 ほか)
  • 第4章 源氏亡き後の物語-「宇治十帖」(薫と宇治の姉妹
  • 浮舟をめぐる薫と匂宮 ほか)
  • 第5章 『源氏物語』余説(儒者の『源氏物語』観
  • 作家による『源氏物語』の口語訳 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「もののあはれ」を読み解く
著作者等 小谷 恵造
小谷 惠造
書名ヨミ モノ ノ アワレ オ ヨミトク : ゲンジ モノガタリ ノ シンジツ
書名別名 『源氏物語』の真実

Mono no aware o yomitoku
シリーズ名 源氏物語
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2018.2
ページ数 272,3p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-08153-0
NCID BB25561676
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23015013
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想