誤解だらけの人工知能

田中潤, 松本健太郎 著

なぜ各社がこぞってスマートスピーカーの販売に乗り出したのか?人工知能の研究開発者が語る、第3次人工知能ブームの終焉の可能性と、ディダクション(演繹法)による第4次人工知能ブームの幕開け。人工知能の次の5年、10年、20年を正しく理解できる決定版!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 みんな人工知能を勘違いしている(「人工知能」とは何か?…松本健太郎の質問
  • 「人工知能」とは…田中潤の答え
  • 「人工知能は○○だ」と定義するだけ無駄である ほか)
  • 第2章 人工知能はこの先の社会をどう変えていくか?(2018年
  • 2020年代
  • 2030年代 ほか)
  • 第3章 社会に浸透する人工知能に私たちはどのように対応するべきか?(人工知能が浸透した時代の働き方とは?
  • 組織の時代から個人の時代へ
  • 私たちは古代ローマ時代に還る ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 誤解だらけの人工知能
著作者等 松本 健太郎
田中 潤
書名ヨミ ゴカイダラケ ノ ジンコウ チノウ : ディープ ラーニング ノ ゲンカイ ト カノウセイ
書名別名 ディープラーニングの限界と可能性

Gokaidarake no jinko chino
シリーズ名 光文社新書 932
出版元 光文社
刊行年月 2018.2
ページ数 258p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-04338-4
NCID BB25561235
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23019734
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想