龍馬暗殺

桐野作人 著

龍馬はなぜ殺されたのか。襲撃者の供述を再検討し、薩長土や会桑勢力の動向から、京都政局の対立軸を明らかにし、事件の真因を究明。事件後の政情や、衰えない"薩摩"説の起源と誤謬も解き明かし、暗殺の深層に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 慶応三年後半の京都政局と坂本龍馬-プロローグ
  • 近江屋事件の現場検証-今井信郎口書を中心に
  • 坂本龍馬、京都での危機と薩長との挙兵計画
  • 会桑勢力、未発のクーデタ計画-大政奉還への逆流と反撃
  • "薩摩"説の系譜と虚妄
  • 近江屋事件以後-幕土衝突の危機
  • 幕末維新史の忘れえぬ記憶として-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 龍馬暗殺
著作者等 桐野 作人
書名ヨミ リョウマ アンサツ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 462
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2018.3
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05862-9
NCID BB25553838
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23021181
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想