対立する国家と学問

福井憲彦 編

2015年6月、文部科学大臣から人文社会科学・縮小再編を指示する通知が出された…「文学部廃止論」から見えた大学・研究の危機-。論理をすり替えたのは誰か?国家が学問に介入する時、それに大学自らが追従する時、学問に携わる者は抗う力を持たなければならない。一連の文学部廃止論の実相を分析し、同じく文系学問の衰退が問題視される国外の状況と比較することで、本来の「学問」のありかたを問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 岐路に立つ日本の大学と科学
  • 大学改革における統治性-官僚制と市場のレトリックをめぐって
  • 宗教的なものの軌跡からみる現代社会の危機-日仏比較を通して
  • 日本の人文‐社会‐学の危機と哲学
  • 歴史学になにができるか-交差する日仏近世史の現場から
  • 歴史的視野のなかで現在を相対化するために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 対立する国家と学問
著作者等 福井 憲彦
書名ヨミ タイリツ スル コッカ ト ガクモン : キキ ニ タチムカウ ジンブン シャカイ カガク
書名別名 危機に立ち向かう人文社会科学
出版元 勉誠
刊行年月 2018.1
ページ数 260p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-585-23061-8
NCID BB25540982
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23019417
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想