されど愛しきお妻様

鈴木大介 著

41歳で脳梗塞に倒れたものの、懸命なリハビリの末に現場復帰したルポライター。その闘病生活を支えた「お妻様」、実は「大人の発達障害さん」なのでした。「家事力ゼロだったお妻様」と、高次脳機能障害となった夫が、悪戦苦闘しつつ「超動けるお妻様」と「妻を理解できる夫」になるまでの、笑いあり涙ありの18年間を辿ります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 彼女様との出会い(わたしは駄目な子要らない子
  • メンタル病んだ女性しか好きになれない? ほか)
  • 第2章 彼女様がお妻様に(あの彼女様が戻ってきた
  • 「スルー力」と「逆ギレ力」 ほか)
  • 第3章 まずお妻様が倒れ、そして僕も倒れる(お妻様の死を予感する
  • ヒャッハーしてましたよね ほか)
  • 第4章 発達障害妻&高次脳夫の家庭改革(発見と考察の日々
  • ルンバをポチる ほか)
  • 最終章 なぜお妻様を治療しないのか(不自由の先輩
  • 発達障害も含めたパーソナリティが好き ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 されど愛しきお妻様
著作者等 鈴木 大介
書名ヨミ サレド イトシキ オツマサマ : オトナ ノ ハッタツ ショウガイ ノ ツマ ト ノウ ガ コワレタ ボク ノ ジュウハチネンカン
書名別名 「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間
出版元 講談社
刊行年月 2018.1
ページ数 230p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-220888-8
NCID BB25532361
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23011054
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想